28
4月

アメリカの残念な外交戦略

安倍首相がゴールデンウィークを利用して訪米している。 日本人総理大臣として初めて、アメリカ議会でスピーチをすることは大きな話題だ。だが、残念なことにオバマ大統領とは1日だけの形式的な日程である。小泉首相とブッシュ大統領とのプライベートな付き合いとは対照的だ。これについて安倍首相が冷遇されているという記事があるが、これは間違いだ。実際、オバマ大統領はプライベートな付き合いを重視しないタイプである。極めてビジネスライクなのだ。このあたりが、世界的にオバマ大統領の評価を落としている一因だと思う。

オバマ政権は一貫して、アジアが最重要地域として位置付けている。だが、実際には少しも成果が出せていない。アジアの同盟国である日本と韓国の関係悪化に介入できず、韓国が中国にすり寄っていく姿勢にも対処できていない。この外交的な弱点が露骨に表れたのが、中国が立ち上げたAIIB、アジアインフラ投資銀行だ。
最初はアメリカを中心に同盟国は参加しないと見られていたが、イギリス、ドイツ、韓国も参加する結果となった。 今のところ、参加していない主要国は、アメリカ、カナダ、日本だけだ。
このような状況下では、アジアの中で日本だけは絶対に味方につけるべきだ。今週行われる、日米首脳会談で一定の成果が出ることを祈っている。どちらにしても、ここ数年アメリカの外交上の影響力はかなり低下してしまった。

最近、NETFLIXの急成長ともに、オリジナルドラマ House of Cards が人気である。
次の大統領は誰になるのか、大きな転換点になるのは間違いない。

27
4月

Believe me. They are all watching you.

IMG_0619

10歳の娘との関係作りのために、シンデレラを見に行った。シンデレラのストーリーはあまりにも有名なので期待していなかったが、予想以上に面白かった。 幸福な幼少期から、両親亡きあとの絶望的な生活。あきらめず母の教えを守り耐えている時に、王子との出会いがある。妖精の魔法の力を借りて、宮殿での舞踏会で王子とのダンス。 そして、継母の妨害にあいながらも女王になるまでの大逆転劇。女の子の夢が全て詰まったような物語だ。過去にも、ドリューバリモア主演のEVER AFTERのような実写版もあった。だが、今回はDISNEYらしい間違いのない仕上がりなっている。主役の女の子も好演だったが、特筆すべきは名女優ケイト・ブランシェット。意地悪な継母の役を見事に再構築し、圧倒的な存在感を出していた。彼女が着ているドレスもセンスが良く、二人の娘とは対照的だった。写真はミッドランドスクエアシネマで実際に展示してあったガラスの靴。(字幕版の上映劇場が非常に少ないのは残念)

17
4月

アシックスに注目

今世紀になって、日本最大のイベント東京オリンピックが2020年に開催される。
先日アシックスがこのオリンピックのゴールドパートナーになったと報道があった。
日本では少し地味なイメージがあるアシックスだが、海外ではかなり注目されている。
アメリカのスポーツ雑誌などでもよく広告を目にする。イメージもナイキなどのライバルメーカーに負けないくらいカッコいい。LAマラソンのメインスポンサーでもあり、アシックスLAマラソンが公式名になっている。
アメリカだけでなく、スペインの友人も日本に来たらアシックスの靴を買いたいと言っていた。
オリンピックに向けて、スポーツブランドもますます脚光を浴びることになる。
ゴールドパートナーという絶対的なステータスを利用して、アシックスのPRがどのように展開されるか興味深い。

24
3月

サイズは関係ない - Lee Kuan Yew

シンガポールの父と呼ばれるリークアンユー氏が亡くなった。
当然お会いしたことはないが、シンガポールに1年いた身としては親近感を覚えていた。
また、義理の弟が同じ客家系華人ということもあるかもしれない。
シンガポールで働いた1年は、まだ若い自分にとっては充分意味深いものであった。
ASEANが注目されるようになったのはごく最近だが、自分がいた20年前もマレーシア、
インドネシアなどの間に位置し、香港と並んで金融、ハイテクなどで中心的な役割を果たしていた。この熱帯気候の小島を強力なリーダーシップでアジアの宝石と呼ばれるまで発展させたリー氏。唾を吐くのを禁じたり、違法薬物の持ち込みは死刑、鞭打ちの刑もあるなど他の先進国にはない独自のシステムを作り上げた。それ故、独裁的、表現の自由の制限等いろいろな批判もあったが、功績もそれ以上に大きかったと思う。

多大な功績を残したリー氏は、いろいろな名言を残している。個人的に好きなのは建国間もないころ将来を憂うイギリスに対して答えた次の言葉だ。
「シンガポールについて心配する必要はありません。われわれは、どんな苦境に置かれたとしても正気でいられる理性的な者たちです。われわれは、政治というチェス盤の上でどんな行動を起こす際も、可能な結果を全て導き出します」

この言葉には、中小企業の経営者を励ます力がある。どんな苦境に立たされてもあきらめず最善を尽くすことの重要性を教えてくれる。

18
3月

業界再編と生き残り

ファミリーマートとユニーグループが経営統合に向けた協議を開始すると3月10日正式発表があった。愛知県に本社を置く、ユニー傘下のサークルK・サンクスは地元では優位な店舗展開をしてきた。だが、数年前からセブンイレブンが中部地区で急激に店舗展開を始め、苦戦しているように見えた。個人的に、ユニーはコンビ二事業を売却して、その資金活用でGMS業態に集中した強化策を取ると思っていた。それが、意外にもGMSも含めた統合で、存続会社の名前もファミリーマートになるというのは大きな衝撃だった。これは、業界再編もさることながら日本におけるGMS業界の苦境を映し出しているのではないか。 もちろん、当社の客先であるGMSには今後も頑張って欲しい。深刻なのは、収縮している日本市場で小売全体で業態の垣根がなくなり、競争が激化していることだ。このような状況のせいか、小売業界で買収や合併が増えてきている。客先は、合併を繰り返し巨大化していく中で、当社のような中小サプライヤーはどうしたらいいのか。
その答えの一つは、当社でしかできない強みを作って、それをしっかり磨いていくしかないと思う。例えば、中国での40年近い経験を活かし、中国生産のエキスパートになることも一つだろう。

25
2月

クリントイーストウッド監督最新作

ワーナーブラザーズのアメリカンスナイパーを見た。 IMAXで見たこともあるが、すごい臨場感でその夜はよく眠れなかった。また、映画の話題と思われそうだが、今日CNNで主人公を射殺した犯人に有罪判決が出たとニュースがあった。ストーリーは、テキサス出身の主人公クリス・カイルがNAVY SEALSに入隊して、史上最高のスナイパーとして活躍した実話に基づく映画である。戦争から帰ってきたクリスは、退役兵士の社会復帰のサポートを始める。退役兵士は、戦争後の精神的・肉体的な障害が残り、社会復帰が難しいケースが多い。戦場では、仲間の兵士を守るために長距離の敵をライフルで撃つ役目を果たし、帰国後も仲間の帰還兵士の社会復帰を助ける彼の生き方は多くの人に影響を与えたはずだ。それなのに、彼の仲間への想いが仇となってしまう。2年前に助けようとした帰還兵士の一人に射殺されてしまったのだ。
これは、アメリカが抱える問題を浮き彫りにしている。戦争の代償、銃社会、ドラッグの3つだ。
特にドラッグは深刻で、経験者の大半が精神を侵され、うつ病になる。昔、友人の弟もそれが原因で自殺している。
アメリカでは、ドラッグが簡単に入手できてしまうのだ。
実際の裁判で証言をしていたクリスの奥さんの様子がとても痛ましかった。何とかドラッグの無い社会になって欲しい。いろいろ考えさせるのは、イーストウッド監督らしい。戦争描写が残酷である点を除けば、公開中の映画で一番のお勧めである。

18
2月

マネーボールから学ぶこと

ブラット・ピット主演で話題になった野球映画を久しぶりに見た。
この映画は当社のような、中小企業にとても勇気を与えてくれる映画だ。
メジャーリーグで選手獲得予算が一番少ないチームが統計学を駆使して、強豪チームになっていく過程が面白い。
ブラット演じる主人公のGMが、エール大学卒で統計学が得意な人間を他球団から引き抜くところから物語が始まる。彼は、スカウトの勘や経験に頼るのではなく、出塁率にこだわり選手を採用、起用していく。 当然ながら、既存のベテランスカウトからは猛抵抗に合い、監督も言うことを聞いてくれない。シーズン初めは、チーム内の方針が分かれ、負けが続く。 だが、実際に統計学に基づくやり方を徹底していくと連勝が続くようになる。特に一流選手をお金で集めたヤンキースなどに連勝するところは、非常に気持ちがいい。当社で言うと、大手ナショナルブランドががっちり押さえているシェアを独自開発商品で取っていくような感じだ。
実は、当社でも、いや私自身も自分の経験や勘に頼り、方針を決めることがよくある。
しかし、数字は嘘をつかない。統計に基づく経営も大事であると改めて認識した。

その他にこの映画の見どころが個人的に2つある。最近ジュラシックパーク主演が決まって絶好調のクリス・プラットがまだ初々しいところが一つ。もう一つは、離婚して奥さんと暮らしている12歳の娘の歌が父親の胸を打ち、彼の人生最大の決断に影響を与えるところ。

21
1月

前向きなリーダーシップ by ラッセル・ウィルソン

アメリカ時間の1月18日にスーパーボウル進出をかけて、グリーンベイ・パッカーズとシアトル・シーホークスの試合が行われた。 結果は、シーホークスが逆転勝ちをして2年連続のスーパーボウル進出を果たした。 試合後のインタビューで、QBのラッセル・ウィルソンは泣きながら試合を振り返った。「God is good! I believed in my team」と大苦戦が続いても、最後まであきらめずに勝利だけを考えていたと答えた。前半で16点先制され、通常ビッグゲームでひっくり返すには大きすぎる点差だった。インターセプト(パスを敵に取られる)も計4回あり、QBとしても非常につらい精神状態であったはずだ。 それでも、ウィルソンは腐らず前向きにプレーを続け、徐々に奇跡的な立ち直りをする。そして、最後には試合をひっくり返し、3点差で勝利寸前までいった。ただ、名門パッカーズも意地のフィールドゴールを決めて、オーバータイム(延長戦)へともつれこむ。ここでもウィルソンは奇跡的なロングパスを連続で決めて、タッチダウンの勝利を掴み取った。自分のミスも含め苦境の中でチームメイトが一丸となって試合に勝てたことに感激し、それがインタビューの涙になったのだと思う。

以前のブログでも書いたが、ラッセルはQBとしては小柄で、足が早くもなく肩が特別強いわでもない。今回のスーパーボウルで対戦するペイトリオッツのQBトム・ブレディとは対照的だ。彼はQBの理想の体型を持ち、甘いマスクで、奥さんは有名モデル。早いパスを投げるのが特徴で、NFLを代表するQBだ。ブレディに比べると、ウィルソンは華やかさに欠けるし、プロ経験の浅い3年目の若いQBだ。
それでも、彼が勝ち続けるのは、彼の決してあきらめない前向きな性格が大きいと思う。そして、謙虚な彼をささえるチーム、コーチ陣が一体となり、相乗効果が生まれている。会社も正に同じだと思う。たとえ、絶対絶命的な状態があっても、希望を持って前向きに引っ張っていくリーダーシップが重要だ。

2月2日のスーパーボウルの結果はまだわからないが、統計学を超えるウィルソンQBの活躍が今から楽しみだ。

24
12月

ホビット 最終章

ワーナーブラザーズの今年最大の目玉映画、ホビットを映画館に見に行った。
前作よりもアクションシーンが多く、最後まで退屈させない素晴らしい出来だった。
ただ、個人的にはロードオブザリングのフロド・バキンズの方が感情移入できる。
これは、フロドの境遇が自分の境遇に重なるからだと思う。自分が父から今の会社を引き継いだようにフロドは伯父さんのビルボからリングを引き継いだ。リングの魔力に取りつかれそうになるが、必死に抵抗して最後の目的を奇跡的に達成する。自分もビジネスの魔力に取りつかれて、本当に生きる意味を見失わないようにしたい。
決して、今の仕事から逃げたいわけではなく、本来会社を継いだ初志を大事にしていきたいのだ。
ただ、厳しい時代が続き、会社のスタッフや自分の家族よりも利益だけを追求し始めると危険だと考えている。長くなったが、ロードオブザリングを楽しみためにもホビットは是非お勧めしたい映画だ。 
また、いつも読んでいただいている皆様方に素晴らしいクリスマスがあらんことを。

15
12月

最近のメディア報道について 続編

衆院選の結果が出て、どのメディアも今朝から自公圧勝と報道している。
実際は、300議席確実と言われた自民党は、4つ減らして291議席となった。
公明党が、その分議席を伸ばしたので、自公の優勢は変わらない結果となった。
ここで注目したいのは、300議席確実という報道から、自公で3分の2以上確保という報道に変わっている点である。
また、比例代表選挙の結果は、自公94席に対して、野党の合計は86席である。支持政党に投票する比例代表制では、自公が圧勝ではないことが見てとれる。つまり、自民党が圧倒的な国民の支持を受けていないことがわかる。実際に公明党の議席数26を引くと、自民党は過半数を割ってしまう。この点について報道がないのは、与党よりの報道に偏っているのではないか。

ちなみに、個人的には自民党のやっていること全てに反対している訳ではない。 実際、民主党より出来ている部分もあると思う。ただ、メディアの報道が、GNP予想も含め、与党に有利な記事が多いのは否定できないと思う。

Back to Top