25
3月

日米韓首脳会談

日本時間の昨夜、オーストリアで日米韓トップの会談を行われた。
日本の安部首相と韓国の朴大統領の初めての公式会談をアレンジしたオバマ大統領の評価が上がったのは間違いない。

民主党時代の沖縄基地問題でこじれた日米関係の隙をついて中国と韓国が日本への圧力を強めてきた。その後、自民党政権に戻り、アメリカの国債を大量に購入するなどして、日米関係は改善され、今回の会談に繋がった。 本来、日米韓の軍事同盟は、対ロシア、中国、北朝鮮に対して極めて重要である。しかし、これまでアメリカは中国との経済的利益を守るために極東地域の軋轢を棚上げしてきた。個人的にはヒラリークリントンが退任後にアジア戦略が骨抜きになったことに原因があると思う。とにかく今回の三首脳会談は非常に意味のあることだったと思う。

政府はウクライナに1000億円の支援を決めるなど、財政難の国としては気前がいいので心配だ。
今後、以前のようにIMFから財政出動の要請があるかもしれないので

Leave a Reply

Back to Top