28
8月

KANGOL

BARBIEに続き、イギリスの帽子で有名なKANGOLもライセンス契約することになった。
カンガルーがトレードマークなので、そこから来ている名前と思っていたが、実は違う意味があった。KANGOLのKはシルク、ANGはアンゴラ、OLはウールから来ていて、3つの意味を足してできた造語であるという。

イギリスでは、カンゴールの帽子がダイアナ妃を始め、王室でも使われている。また、ビートルズやマリー・クワントも着用していた。このように、歴史もありながら、最近ではヒップホップ系の若者に人気が高いなど現代的な側面もあるのが魅力だ。アメリカでは、サミュエルジャクソンや、プラピも愛用しているという。
カンゴールブランドでどんな商品展開ができるか、今から楽しみだ。

13
8月

Barbie

来年からバービーのインナーを当社で展開することになった。
実は数年前から注目していたのだが、縁あってやっと展開することが可能になった。
バービーは、1959年にアメリカで生まれた人形で、恐らく日本でも知らない人はいないだろう。
しかも、最近は人形という枠だけにとどまらず、有名ブランドとコラボするなど、ファッションアイコンとして注目されるようになっている。 

一方で、バービーの完璧な体型やルックスが女の子のセルフイメージを歪めているとの批判がある。 欧米では、若い女の子達の間で拒食症が増えていて、痩せすぎモデルの採用を法律で規制したりするようになっている。バービーもその一助になっていると言われたりする。
しかし、ここで認識されるべきことは、バービーは女の子の理想を少し大きく体現しているだけで、現実世界の生身の人間とは全く別の次元の存在であるということだ。
アメリカでロールプレイングゲームが流行したころ、子供達がチームを組んで下水道に入り、行方不明なった事件があった。要は現実と仮想を一緒に考えてしまうことが不幸にも起きてしまうことが問題であると思う。ゲームやアニメ、玩具の世界と現実を混同してしまう受け手とそれを助長するような情報発信をするメディアに責任があると思う。

元来バービーの開発者は「女性は何にでもなりたいものになれる」というメッセージを込めてバービーをこの世に送り出した。このポジティブなメッセージを少しでも具現化できるような商品を企画生産していければ幸いである。

 

Back to Top