28
4月

アメリカの残念な外交戦略

安倍首相がゴールデンウィークを利用して訪米している。 日本人総理大臣として初めて、アメリカ議会でスピーチをすることは大きな話題だ。だが、残念なことにオバマ大統領とは1日だけの形式的な日程である。小泉首相とブッシュ大統領とのプライベートな付き合いとは対照的だ。これについて安倍首相が冷遇されているという記事があるが、これは間違いだ。実際、オバマ大統領はプライベートな付き合いを重視しないタイプである。極めてビジネスライクなのだ。このあたりが、世界的にオバマ大統領の評価を落としている一因だと思う。

オバマ政権は一貫して、アジアが最重要地域として位置付けている。だが、実際には少しも成果が出せていない。アジアの同盟国である日本と韓国の関係悪化に介入できず、韓国が中国にすり寄っていく姿勢にも対処できていない。この外交的な弱点が露骨に表れたのが、中国が立ち上げたAIIB、アジアインフラ投資銀行だ。
最初はアメリカを中心に同盟国は参加しないと見られていたが、イギリス、ドイツ、韓国も参加する結果となった。 今のところ、参加していない主要国は、アメリカ、カナダ、日本だけだ。
このような状況下では、アジアの中で日本だけは絶対に味方につけるべきだ。今週行われる、日米首脳会談で一定の成果が出ることを祈っている。どちらにしても、ここ数年アメリカの外交上の影響力はかなり低下してしまった。

最近、NETFLIXの急成長ともに、オリジナルドラマ House of Cards が人気である。
次の大統領は誰になるのか、大きな転換点になるのは間違いない。

27
4月

Believe me. They are all watching you.

IMG_0619

10歳の娘との関係作りのために、シンデレラを見に行った。シンデレラのストーリーはあまりにも有名なので期待していなかったが、予想以上に面白かった。 幸福な幼少期から、両親亡きあとの絶望的な生活。あきらめず母の教えを守り耐えている時に、王子との出会いがある。妖精の魔法の力を借りて、宮殿での舞踏会で王子とのダンス。 そして、継母の妨害にあいながらも女王になるまでの大逆転劇。女の子の夢が全て詰まったような物語だ。過去にも、ドリューバリモア主演のEVER AFTERのような実写版もあった。だが、今回はDISNEYらしい間違いのない仕上がりなっている。主役の女の子も好演だったが、特筆すべきは名女優ケイト・ブランシェット。意地悪な継母の役を見事に再構築し、圧倒的な存在感を出していた。彼女が着ているドレスもセンスが良く、二人の娘とは対照的だった。写真はミッドランドスクエアシネマで実際に展示してあったガラスの靴。(字幕版の上映劇場が非常に少ないのは残念)

17
4月

アシックスに注目

今世紀になって、日本最大のイベント東京オリンピックが2020年に開催される。
先日アシックスがこのオリンピックのゴールドパートナーになったと報道があった。
日本では少し地味なイメージがあるアシックスだが、海外ではかなり注目されている。
アメリカのスポーツ雑誌などでもよく広告を目にする。イメージもナイキなどのライバルメーカーに負けないくらいカッコいい。LAマラソンのメインスポンサーでもあり、アシックスLAマラソンが公式名になっている。
アメリカだけでなく、スペインの友人も日本に来たらアシックスの靴を買いたいと言っていた。
オリンピックに向けて、スポーツブランドもますます脚光を浴びることになる。
ゴールドパートナーという絶対的なステータスを利用して、アシックスのPRがどのように展開されるか興味深い。

 

Back to Top