27
2月

自由競争の恩恵

今回上海に行くのに中国南方航空に乗った。
いつも乗る会社と違うので不安だったが、結果は◯。

機材、サービスは変わらないが、食事が良かった。和食か洋食が選べて明らかに日本で調理した感じで嬉しかった。パンぐらいしか出ないいつものよりは数段良かった。(写真)

勝手な想像だが、青島行きと違い上海便は毎日数本ある。つまり独占ではなく、競争があるので、南方航空は食事を良くしていると思う。

こういう恩恵があるなら自由競争がもっと促進されるべきと思う。

20130227-181637.jpg

27
2月

ビジネス環境改善の兆し

あまり政治的なことは書きたくないが、ビジネス環境の整備として必要なので再度ここで意見を表明したい。

安倍首相の訪米で久しぶりに日米同盟と言う言葉を聞いた気がする。
アジア研究を専攻した自分でなくても、日米同盟がいわゆる極東(皮肉)の政治的安定の根幹であることは否定できない。沖縄問題を悪化させた前政権が同盟を肯定できない状況を作り出してしまったのは不幸としか言いようがない。
日米関係回復で安全保障がやっと振り出しに戻った気がしてほっとしている。中日新聞のインタビュー中でもふれたように安倍内閣には隣国を刺激することなく、経済活動ができるように細心の注意を払って外交活動していただきたい。

しばらく外交問題は忘れてビジネスに集中したい。

27
2月

メッセージの重要性

安倍内閣の評判がいい。
民主党が政権を取った時と同じという人もいるが実際は随分違うと思う。
少なくともデフレ脱却と円高是正に関しては、内閣が一致してメッセージを明確に出している。朝の首相の言葉を官房大臣が否定もしくは聞いていないと言った民主党のようなことは行っていない。政権を取る前から首尾一貫したメッセージをわかりやすく出していくあたりは経営者としても見習いたい。
また拉致問題を初めて認めた安倍さんの今後の外交手腕に期待したい。

 

Back to Top